学べるブログ

学ぶこと探求することを大切にしています

MENU

中学生が考えるお笑いの形とは

R-1グランプリの決勝進出者(9人)が決まりましたね。

勝戦(3月7日)が楽しみです。

 

R-1グランプリ」の公式チャンネルです。

※動画の時間は約53分です。


<超速報>R-1グランプリ 決勝進出者発表!

 

僕は漫才やコントも好きで、youtubeでお笑い動画を見るのもすごく好きです。

皆も好きだと思います。

今は学年末試験期間中のためお笑い動画は自粛中です。

 

特に、面白いと思うのがジャルジャルさんの動画です。

ジャルジャルさんは毎日お笑いの動画をyoutubeでUPしています。

ブログで毎日投稿するだけでも大変なことを知っているだけに、

ジャルジャルさんは、毎日コント、しかもすごく面白いものを作って、演技して、作品としてyoutubeにUPしてくれています。

特に、今のコロナ禍でリモート会議をネタにしたものは、めちゃくちゃ面白いです。この発想自体が面白いです。


肉体改造できたフリする奴【リモートする奴】

 


たぶん寝転んでる奴〜カスタマーセンター〜

 

 今回のM-1では、マジカルラブリーさんが漫才じゃないとか言われていましたが、TVを見ていてすごく面白かったです。発想がアニメ的というかマンガ的な感じを受けました。ネタをしているときに言葉からマンガの「吹き出し」が出ているような感じがしました。状況がイメージしやすかったです。

漫才は、

昔は、ラジオで聞いて、耳から笑っていたものから、

今は、テロップ入りのTVやyoutubeを見て、目から笑うようになっているのかもしれません。

お笑いの未来は、いろいろ形を変えて、進化して皆を大笑いさせてもらいたいです。

f:id:AWATAKA:20210211213136p:plain

 一方で、授業のいっかんで見たことがありますが、

日本の落語などの伝統ある「笑いの形」も残してもらいたい日本の良い形であると思います。

 f:id:AWATAKA:20210211213049p:plain