学べるブログ

学ぶこと探求することを大切にしています

MENU

北条義時への名言「他日必ず子孫の補佐たらん」を勉強してみる

 

 

北条義時への名言「他日必ず子孫の補佐たらん」を勉強してみる

 

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公の北条義時を勉強します。本人の名言はありませんが、源頼朝からの信頼が厚く、それを表した言葉があります。

 

先生:その中でも有名なのが、他日必ず子孫の補佐たらんです。

 

「たじつかならずしそんのほさたらん」と読みます。

 

 

f:id:AWATAKA:20211211124946p:plain

 

 

 

他日」と「たらん」が今の現代だと分からないですね。

 

 

「他日」は漢字のままだと、他の日と考えますが、他の日→別の日→いつか別の日→「いつの日か」という意味になりますね。

 

 

「たらん」の意味が、今の時代だと「足りない」と考えてしまいますが、意味は「~になるだろう(なって欲ほしい)」という意味です。

 

 

 中学生が分かるように訳を考えてみると、「他日必ず子孫の補佐たらん」はこのようになります。

 

言葉の意味

 いつか必ず私(頼朝)の子孫の補佐になるであろう(なって欲しい)ですね。

 

 

 

 渋沢栄一の名言「夢七訓」の記事です

awataka.hatenadiary.jp

 

 徳川慶喜の名言「これからはお前の道を行きなさい」の記事です

awataka.hatenadiary.jp