令和を生き抜くための中学生ブログ

中学生もタブレットが支給されました。タブレットを使って自分たちの未来を考えて行きます。

MENU

【スポンサーリンク】

中学生はコロナのワクチン接種を受けるのか。そもそもワクチンとは?

コロナのためのワクチンが日本にも届き、今週にも医療従事者にワクチン接種が始まるようです。

このニュースを見て、疑問が湧きました。

「疑問①中学生はいつになったらワクチン接種を受けるのか」

「疑問②そもそもワクチンとは」

 

f:id:AWATAKA:20210213081132p:plain

 

調べてみた。

【疑問①中学生はいつになったら注射を受けるのか】

「16歳未満を当面、対象外とする考え」だそうです。

16歳未満とはちょうど中学生までなので、ワクチン接種の『中学生は対象外です!』

加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、ワクチンについて「海外では治験データに基づき(米製薬大手)ファイザー社のワクチンは16歳以上に接種している」と指摘。政府は海外事例を踏まえ、16歳未満を当面、対象外とする考えだ。出典元:時事ドットコム

一般向けは5月下旬にも コロナワクチン接種、16歳以上が対象―政府調整:時事ドットコム

 

【疑問②そもそもワクチンとは】

 ファイザーさんのサイトが絵もあり分かりやすかったので紹介します。

ワクチンとは感染症の予防接種に使用する薬液のことです。
細菌やウイルスに感染し、感染症にかかると、その病原体に対する抵抗力が体内に生まれます。この原理を応用したのがワクチンによる予防接種です。病原体の毒性を弱めたり、無毒化したものがワクチンで、ワクチンを接種すると、実際には病気にかからなくてもその病気への免疫ができ、病原体が体内に侵入しても発症を予防したり、症状を軽度ですませたりすることができます。

出典元:ファイザー

ワクチンとは - ワクチン・予防接種について - ファイザー

 

はたらく細胞にも、抗体の話があって、面白いし、勉強になります。

過去のブログでも取り上げています。

 

awataka.hatenadiary.jp

 

はたらく細胞は全6巻と、全巻揃えやすいです。